歴代一位! 絶対に読むべきおすすめ小説「カルマの塔」紹介! 無料小説のレベルじゃない! 

アイキャッチ画像 未分類

こんにちはNUMARABOです。

この記事では、僕が今まで読んだ小説の中で断トツの1位を誇る「カルマの塔」の紹介となっております。

紹介といっても、僕が好きすぎてもっと多くの人とこの感動を分かち合いたいと思って書いた、ただの布教用の記事ですが….

実は、前にも紹介記事は書いたのですが、

正直この記事では、カルマの塔の魅力は伝わりきらないなと感じたので、改めてこの記事を書いて多くの人々に読んでもらいたいと思います。(暇な人は読んでみてね)

カルマの塔の魅力を紹介!

あらすじ

この世は平等ではない。
グラスになみなみと満ちたぶどう酒を呷る者がいれば、幾度も足踏みされた泥水をすする者もいる。暖かな毛皮に身を包む者もおれば、薄っぺらな襤褸を纏う者もいる。
この世は幸福ではない。
生まれた瞬間、人は格差の海に落ちる。金持ちの子、貧乏な子、貴族の子、農夫の子、奴隷の子。奴隷に生れ落ちたが最後、這い上がることを上は良しとしない。
この世は残酷である。
誰かの幸せは誰かの不幸せ。一定量の資源(リソース)をめぐり、人は争い、奪い、殺す。生きるとは屍の上で踊ることである。狂え、喰らえ、犯せ、殺せ。
この世は、地獄である。

だからこそ人は光を求める。        

     (https://kakuyomu.jp/works/1177354054886943247)

kakuyomu.jp

という感じで書いてはいますが、よくわからないと思うので簡単に説明すると、

中世ヨーロッパのような奴隷や騎士が存在し、世界に戦争が当たり前にあるという時代で、主人公は奴隷として生まれる。

たった一人の家族の姉と貧乏だが幸せに暮らしていたが、ある日貴族に大好きな姉が殺されてしまう。

姉の凄絶な亡骸を見た主人公は復讐を誓い、身分を奪って成り上がり、復讐するというストーリー。

っと思いきや!

主人公は、姉を超える最愛の存在に出会い、に落ちる……

ここからは、ネタバレになるから言えませんが、この先の話から一気に面白くなります!

特にこの最愛という言葉がかなりのキーワードですね。

今までいろんな恋愛ものを読んできましたが、この「カルマの塔」は本当に異質の存在ですね。 涙が止まらないですから。

普通に結婚、幸せ、はいハッピーエンドとはならないのが、カルマの塔

しかも、事件とか事故とかでもない、自分たちの了承の上であの悲劇、喜劇を成すんですからね。

(ちょっと何言ってるか分からないと思いますが、読めばめっちゃ納得しますよ)

とにかく言えるのは、このカルマの塔の恋愛要素は他とは一線を画していて、本当に泣けるっていうことです。

カルマの塔 ここが見所!

f:id:motchanss:20190416212555j:plain

愛の話

ほとんど上で言っちゃってますが、とにかくカルマの塔のはそこら辺の恋愛小説よりも、深くて美しいんです!

僕はこの小説を読んだときにこんな綺麗な恋があるのかと、感動しました。

ネタバレになるから深く言えないけど、読んだら分かる。ただそれだけ言いたい!

主人公がバリかっこいい!

これが本当にかっこいい。

少年ジャンプ的なかっこよさじゃなくて、(ピンチに駆けつけるとか、優しいとかじゃない!)主人公の生き方がカッコいいんです。

もともとは、弱くて優しい人間だったのに、復讐にとりつかれ多くの人間を無情に殺してきてしまう。

戦争などの殺す殺されるという場所においては仕方のないことと、多くの人間が割り切る中、もともと弱くて優しい人間であった主人公は、その罪を割り切る心の強さを持てない。

主人公は今まで奪ってきた命の重さをしり、その業の深さを知り心を傷つけられてく。

どうしたら償えるか、そればかり考える。未だ、その答えはわからない。だから遮二無二、出来ることをしようと思っている。己は咎人、救いは要らない。ただ、許しが欲しい。奪ったモノ以上のモノを作ろう。時代を変えて、革新を経て、いつかを今にする。光待つ未来へ、少しでも歩を進める。だから、許しをくれ。無理とわかっていても、そう思う

ファイナルウォー:次なる時代へ – カルマの塔(富士田けやき) – カクヨムより)

自分をどれだけ犠牲にしても、奪った者達のために努力して…努力して…それ以上のものを残そうとする、美しい自己犠牲の生き方。

なんか、自己犠牲って偽善だよな~とか思っていたけど、この生き方を見ると悲しくなるけれど、どうしようもなく美しいなと思ってしまう。

自分がいかに怠惰に生きているのかが分かる作品です。

燃え上がる戦闘シーン

僕は漫画、小説、アニメとすべて好きなオールラウンダーですが、この中で小説が劣っているなと感じる点は、やっぱり戦闘シーンなんですよね。

他の媒体の場合は、目に見えて動くので非常にわかりやすいですが、小説の場合ですと、やっぱり文章だけなのでイメージがしづらい所があります。

ですが、それは普通の作家さんの場合….我らがカルマの塔の作者「富士田けやき」さんにはいらぬ心配です

カルマの塔では、アニメや漫画を超える戦いを届けてくれます。

小説特有の心情の書き出しと、主人公の戦闘スタイルである思考の乗った戦いも相性が良く、まさに手に汗握る戦いとなっております。

きっとあなたも戦いが終わったころには、「うぇ~~い」と うなっていることでしょう。

最後に.. 途中で読むのを諦めないで!

f:id:motchanss:20190427114229j:plain

カルマの塔は、最初から最後まで面白いですが、圧倒的に面白くなるのは途中からです。【30~40話ぐらい?王会議編ぐらいから】

最初の一話、二話あたりは、正直好き嫌いが多く出るであろう内容となっています。

僕も嫌いじゃないけど好きでもない感じです。

だからこそ、そこでやめて欲しくありません! 本当に途中からバカ面白くなります!

最低でも、復讐劇『急』までは読んでから帰ってください。

以上でこの記事を終わります。

僕と同じ、カルマの塔が大好きな人がもっと増えて、そんな人達と語り合える日が来ることを心待ちにしております!

ご清覧ありがとうございました。

書籍化おめでとう!!

カルマの塔 七王国戦記 (ドラゴンノベルス)

コメント

  1. […] […]

  2. froleprotrem より:

    Hello my loved one! I want to say that this post is amazing, nice written and include approximately all vital infos. I would like to look extra posts like this .

  3. g the より:

    Awesome! Its genuinely amazing piece of writing, I have
    got much clear idea on the topic of from this post.

  4. the g より:

    Everyone loves it when folks come together and
    share opinions. Great blog, keep it up!

  5. g make より:

    Attractive section of content. I just stumbled upon your blog and in accession capital to assert that
    I get in fact enjoyed account your blog posts.
    Any way I will be subscribing to your augment and even I achievement you access consistently fast.

  6. I used to be very happy to seek out this internet-site.I wanted to thanks in your time for this wonderful read!! I undoubtedly having fun with each little bit of it and I’ve you bookmarked to check out new stuff you weblog post.

  7. If you are going for best contents like me, only visit this web site everyday as it provides feature contents,
    thanks

  8. tinyurl.com より:

    Heya great website! Does running a blog like this require
    a massive amount work? I’ve very little expertise in computer programming but I was hoping to start
    my own blog in the near future. Anyhow, should you have any ideas or tips for new blog owners please share.

    I know this is off subject but I just wanted to
    ask. Appreciate it!

  9. Great info. Lucky me I discovered your site by chance (stumbleupon).

    I’ve bookmarked it for later!

  10. Pretty! This was a really wonderful article. Thanks for providing
    these details.

  11. I am genuinely grateful to the owner of this web site
    who has shared this great paragraph at here.

  12. Please let me know if you’re looking for a article author for your site.
    You have some really great posts and I think I would be a good asset.
    If you ever want to take some of the load off, I’d love to write some
    material for your blog in exchange for a link back to mine.
    Please blast me an email if interested. Cheers!

  13. Great goods from you, man. I’ve take note your stuff previous to and you
    are simply too fantastic. I really like what you have acquired right here,
    really like what you are stating and the best way wherein you say it.
    You make it entertaining and you still take care of to stay it sensible.
    I can not wait to read far more from you. That is actually a great website.

  14. grolyrto lemcs より:

    Thank you for sharing excellent informations. Your website is very cool. I’m impressed by the details that you have on this website. It reveals how nicely you perceive this subject. Bookmarked this web page, will come back for extra articles. You, my pal, ROCK! I found just the information I already searched all over the place and just couldn’t come across. What a perfect website.

タイトルとURLをコピーしました