バイナリーオプションの基本的なことを学ぼう!まずはチャートの見方とテクニカル分析を勉強しよう!

アイキャッチ バイナリーオプション

バイナリーオプションを始めたいけどまだ何も分からない!

基本的なことだけでいいから知りた~い

こんな方にお勧めです。

基本的なことを学ぶ

見出し2

バイナリーオプションで稼ぐためには、取引画面だけを見て、その情報だけで勝率を上げるということは、かなり難しいといえます。

なぜならば、その業者が提供している取引画面には必要最低限の情報しか載っていないため、要するに情報が少ないのでしっかりとした予測ができないのです。

では、何を見るべきか?それがチャートと呼ばれるものです。つまり、僕達がバイナリーオプションで儲けようとするには、まずはチャートを読めるようにならなければいけないわけです。

なので、ここではチャートの読み方を紹介していきます。

チャートとは

いきなり出てきたチャート言う言葉ですが、これはよく投資で見かける折れ線グラフのことです。

この折れ線グラフには、それぞれ細かく立て長の長方形がついているのが分かると思います。

まずは、この長方形=ローソク足と呼ばれるものについて解説していきます。

ローソク足について学ぼう!

用語は見ての通りですが、一応詳しく解説もしておきます。(ちなみに、青色のほうが上の図の緑の蛍光色で塗りつぶししている方です。)

陽線

始め値よりも終値が高い場合のことで、チャートのグラフが上方向に変化している状態を表しています。要するに買いの勢いが強い時にこうなります。

陰線

始め値よりも終値が低い場合のことで、チャートのグラフが下方向に変化している状態です。要するに売りの勢いが強い時にこうなります。

  • 始値・・・・最初の値
  • 終値・・・・最終的な値
  • 安値・・・・その長方形で一番安い時の値
  • 高値・・・・その長方形で一番高い時の値

ヒゲ

始値・終値と高値・安値の差がヒゲとなって現れます。

ヒゲで重要なのは、上下どちら側に伸びているのかが最も重要になってきます。

ヒゲがどちらに伸びるかによって変わるのかは図の通りです。

例として右から二つ目の、陽線の下ヒゲが長い場合を見ていきましょう。

まず、下ヒゲが長いということはこの時の最小値がそこまで行ったということです。しかし、最小値があそこまで低いのにも関わらず終値は安値に比べてかなり上に行っています。

つまり、一番下の所からグワーッと上っていく力がこの時にはある、ということがこのローソク足で見て取れるわけです。

このように、ローソク足を見るだけでその時点での相場の力が掛かっている方向が分かるというわけです。

移動平均線について学ぼう!

次は、移動平均線と呼ばれる線について解説していきます。

これも、ローソク足と同じように基本的なものなので勉強しておいて損はありません!

やっていきましょう~

移動平均線とは

見出し4

まず、移動平均線とは何かについて説明します。

移動平均線とは、売り手と買い手の売買した値の平均を線でつないだものです。

(このうっすい赤色の線のこと)

この一定の期間というのは、こちら側で決めることができ、バイナリーオプションにおいては、短期・中期・長期の三つの線を一般的には指定されております。

  • 短期の移動平均線・・・20日or25日
  • 中期の移動平均線・・・75日
  • 長期の移動平均線・・・200日

この三つはあくまで一例と考えてください。

どのようにこの線が形成されているかというと、名前の通り平均の線なので値の平均をとっているということは分かると思います。

計算方法としてはこんな感じ

今回は5日の場合の移動平均を出しています。

5日目の場合だと1~5日の平均で、

160+170+190+140+150)÷5=162

6日目だと2~6日の平均となり

170+190+140+150+130)÷5=156

要するに、その日から五日前までの終値の平均を取っているわけですね。この点をつなげると移動平均線となるわけです。

これが、20日の移動平均線だと20日前まで遡った平均、200日だと200日前まで遡った平均となるわけです。

移動平均線の活用の仕方

見出し2

移動平均線は、相場の変動の予測の助けになります。これだけ予測が完璧にできるというわけではありません。

あくまで、目安と考えてください。

このように、期間が延びれば延びるほど傾きが小さくなり変化が減っていくのが分かるでしょうか?

母数が増えているので当然ながら変化は小さくなります。

では、これらを読み取ることによって何が分かるのでしょうか?

まず応用するための基礎知識を説明します。

例にこの場所をだします。

前提として、移動平均線は売り手と買い手が売買した平均の額ということはうえで説明したので分かっていると思います。

この時点で買った人は(移動平均線の場所)終値は買った時よりも上昇しているので、含み益を得ています

そのため、大抵の人はさらに増やそうとして保持し続けます。

一方で、この時点で売り注文をしている人は含み損をしているということが分かると思います。

その後ローソク足が上昇していき、移動平均線がローソク足からどんどん離れていきます。そうしていくと含み損もどんどん増えていってしまいます。

そこで、含み損を抱えている売り手は膨らんでいる売りポジションを手放すために、買い注文に変更します。

これをみた、ポジションをもっていない(売買していない)人達は、上昇傾向にある市場を見て買いにつきます。

それによって、売り注文・買い注文・ポジションを持っていない人、全ての人達が買いにつくことによって、さらに上昇していくわけです。

移動平均線がローソク足の上にある場合は、これとは逆の動きになります。

理解できたでしょうか? 

他にも様々な状態があるので紹介していきます。

ゴールデンクロス

このちょっとカッコいい名前の状態はこれです。

期日の短い移動平均線(25日とか)が、期日の長い移動平均線(75日とか)を突き破って、上に上がった場合は相場は上昇する傾向にあります

デッドクロス

一方で逆の場合は~

このように、期日の短い移動平均線が長い移動平均線を乗り越えた時、相場は下降する傾向があります

ここまで説明してきましたが、一つの疑問を持った方が多いのではないでしょうか?

これってバイナリーオプションじゃなくて、FXの理屈じゃない??

そう思った方も多いかもしれません。ですがバイナリーオプションとFXは共通する所が非常に多いのです。

それぞれのイメージとして、バイナリーオプションは傍観者として競技の外側から賭けをする、FXは内側で出場者として取引をするというイメージでしょうか。

ですが、どちらも行っている競技は同じです。同じ市場をみて同じチャートをみて、どういった動きをするのかを予測する、だからこそFXの勉強はバイナリーオプションにも適しているのです。

まとめ

まとめ

今回は、チャートの見方の基本であるローソク足と移動平均線について紹介していきました。

こういったものを読み取ることができるようになってようやく、スタートラインに立てたといえます。

まだまだ、基礎的なことはたくさんありますがこれを理解したことで第一歩を歩めたということになります。

この移動平均線はあまり理解せずに、とりあえず使用しているという方が大勢いるのも事実です。

今回紹介したローソク足のように、知っているだけでは意味はありません。

それがあることによって、何ができるのか?何が分かるようになるのかを、理解し活用していけるようにしなければなりません。

自分の力になるように頑張りましょう。

御清覧ありがとうございました。

関連記事

バイナリーオプションのペイアウト率って何のこと?最大ペイアウト率は見るな!最低ペイアウト率を見ろ! | NUMARABO
ペイアウト率って何?どのくらいが普通なの?業者選びの時に、どうして最大ではなく最低ペイアウト率を意識するの?といった疑問に対して分かりやすく解説していきます。

まとめ記事

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. frolep rotrem より:

    Thanks for the good writeup. It in truth was a leisure account it. Glance complex to more added agreeable from you! By the way, how could we be in contact?

  4. […] […]

  5. […] […]

タイトルとURLをコピーしました